身内でトラブルになる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権者が亡くなってしまい相続人に相続される場合、法律的には地主の承諾を得る必要もありませんし、改めて契約書を書き換える必要もありません。しかし建物の登記に関しては必ず名義変更が必要になります。名義変更をしていなければ、建物は依然として個人の所有物のままと判断されてしまいます。

遺産分割遺産として扱われる借地権は「遺産分割」の問題に発展してしまう可能性があり、身内間でトラブルに発展してしまう可能性があります。身内間でトラブルになってもなかなか解決するまでに時間がかかってしまうことが多いです。遺産を分割するとなった場合は、しっかりと協議をしながらトラブルにならないように配慮が必要になります。

遺産分割協議をしたときに借地権と建物を別々の相続人が相続すると、様々な問題が発生してそこからトラブルになってしまう可能性があるので、借地権と土地上の建物は同一人物が相続する決まりになっています。

このように地主だけでなく身内でも様々なトラブルになってしまう可能性があるので、そうならないためにも借地権相続トラブルに長けた「ピタットハウス」のような底地取扱いもしているプロの業者へ相談することをおすすめします。そうすることで誰でも安心してトラブルを回避しながら借地権を相続することができます。

底地取扱店に相談する

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

土地に関する様々なトラブルが発生することが多いからこそ、自分ひとりで悩まないで専門家に相談することをおすすめします。特に借地権の問題は複雑なので、借地権のトラブルに巻き込まれないためにも底地取扱店に相談することをおすすめします。底地取扱店のスタッフは専門的な知識があるので、誰でも安心して悩みを打ち明けることができます

底地取扱店に相談相続の問題は様々なトラブルに発展してしまう可能性が高く、地主側との考えの違いがあって、そこに感情的な心情が入ってきてしまうと、相続側と地主側の双方では解決することができない問題に発展してしまう可能性があるので、そのような問題を解決するために様々なアドバイスをくれる底地取扱店に相談することをおすすめします。

不動産のプロが見ても借地権の売買はトラブルに発展してしまう可能性が高く、地主と相続人が双方でお互いの気持ちを理解しなければ、平行線のまま終わってしまう可能性があります。そうならないためにも専門スタッフが親身にん対応をしてくれる底地取扱店で、借地権の相続に関する問題の悩みを解決するようにしてください。 問題が解決しない場合でも、底地取扱店のスタッフはプロの専門家なので、問題解決のためにうまく地主を説得してくれるでしょう。

借地権の相続トラブル

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権など土地に関するトラブルはたくさんあります。地主の考えと借りている人の考えが少しでも違うと、そこからトラブルに発生していまうことがあります。特に借地権は地主の立場が強いので、土地を借りた人が泣き寝入りしてしまうケースもあります。そして地主だけでなく、相続トラブルに巻き込まれてしまう人も多いです。借地権を持っている人が亡くなったときに一般的な遺産と同じように相続の対象になります。

トラブル基本的に相続をしてから新しい借地契約をする必要はありませんが、地主によっては新たに承諾料や更新料を支払う必要があります。理解がある地主であれば問題ありませんが、万が一地主との折り合いがつかなかった場合にトラブルになってしまう可能性があります。法律的には地主の許可無く相続をすることができるにも関わらず、欲がある地主は容赦なくお金を取ろうとする場合があります。借地権を相続すると様々なメリットがありそこに多くの人が絡んできて様々なトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

借地権の相続に関するトラブルに巻き込まれないためにも、被相続人が亡くなったときに、どのように対処しなければいけないかを理解するようにしましょう。当サイトでは借地権の相続に関するトラブルについて解説していきます。多くの人が間違った解釈で相続をするときにトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、そうなる前にこのサイトを見て理解しておきましょう。