身内でトラブルになる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権者が亡くなってしまい相続人に相続される場合、法律的には地主の承諾を得る必要もありませんし、改めて契約書を書き換える必要もありません。しかし建物の登記に関しては必ず名義変更が必要になります。名義変更をしていなければ、建物は依然として個人の所有物のままと判断されてしまいます。

遺産分割遺産として扱われる借地権は「遺産分割」の問題に発展してしまう可能性があり、身内間でトラブルに発展してしまう可能性があります。身内間でトラブルになってもなかなか解決するまでに時間がかかってしまうことが多いです。遺産を分割するとなった場合は、しっかりと協議をしながらトラブルにならないように配慮が必要になります。

遺産分割協議をしたときに借地権と建物を別々の相続人が相続すると、様々な問題が発生してそこからトラブルになってしまう可能性があるので、借地権と土地上の建物は同一人物が相続する決まりになっています。

このように地主だけでなく身内でも様々なトラブルになってしまう可能性があるので、そうならないためにも借地権相続トラブルに長けた「ピタットハウス」のような底地取扱いもしているプロの業者へ相談することをおすすめします。そうすることで誰でも安心してトラブルを回避しながら借地権を相続することができます。